雪花

大都会の病

大都会東京で抱えるストレス

東京で心療内科にかかる人の多くは、大都会東京ゆえの悩みを多く抱えて心療内科の門をたたいています。例えば、学校での精神的ストレスを抱えた学生、会社での精神的ストレスを抱えた会社員だけではなく、緑の少ない都会での暮らしで知らず知らずに心が疲れてしまった地方出身者などです。これらの人々に対して真摯に向き合い、治療を行うべきですが、残念ながら東京における患者数と心療内科の医師の数はアンバランスとなっており、必ずしも十分な治療を患者に行うことができておりません。近年では、スクールカウンセラーなどクリニックの外での業務も増えており、これが心療内科の医師にとって大きな負担となっているのです。その為、カウンセリングなどに十分な時間を費やせなくなっているのです。

心療内科の診療時間の適正化

折角勇気を振り絞って心療内科を受診しようとしても、なかなか医師のスケジュールを確保できずにカウンセリングや治療が先延ばしになってしまっては、大きな問題です。そこで求められるのが、適正な診療時間の確保です。大都会東京の性質上、患者の多くは昼間はオフィスで働いたり学校に通学しており平日昼間の診察時間に受診する事は困難です。ことそれが渋谷や新宿、丸の内などの東京都心部であれば尚更です。そこで、それらのエリアの心療内科は、夕方から夜間にかけての診療時間を確保し、また土曜日、日曜日も可能な限り長時間の診療時間を確保する事で患者のニーズに応えることができます。医師としても、スクールカウンセラーなどの仕事を昼に行い、夜は通常診療をすることで、効率的な運営を行えます。

安心して通える心療内科を見つける

心療内科は、心身に不安を感じていたり何かしらの異常がある人が通われるところでありますので、安心して治療を受けることが出来るようなところを選ぶ必要があります。そのためにも情報は必要になりますが、東京には評判の良い病院が多くありまして、安心して通えるようなところを見つけ出す必要があります。 情報をただ信じるのは、必ずしも正しいというわけではないですが、情報を選びながら通う病院を見つけることによって、これから治療し続けていくことが出来ます。心療内科に通うときは、まずは自分が一番信じることが出来る病院で治療をしていくべきで、万が一完治しそうにない場合には、さらにインターネットなどで情報を調べて評判の良いところに通うところで、完治させていくことが出来ます。